MENU

お金を借りる業者の種類

気軽で小口の借入ができるキャッシングは、様々な業者が取り扱いを行っています。テレビCMなどで見かける大手の消費者金融から、都市銀行や地方銀行、信用金庫などの金融機関でも多くのところがカードローン型の取り扱いを始めています。

消費者金融には全国に店舗を持つ大手から、1店舗のみの小規模なところもあります。一般的な傾向として、大手の場合は全国のコンビニATM等でも使えるローンカードの発行にプラスして、電話やインターネットを利用した銀行口座への振込みが行われています。

これに対して小規模なところでは、ローンカードは発行されず、電話やインターネット、FAXで申し込んでの銀行口座振り込みや、来店でその都度、融資する方法が採用される傾向にあります。消費者金融のほか、クレジットカード会社や信販会社でもカードを使ったキャッシングを提供していますが、これらはいずれも貸金業者という分類で、貸金業法の適用を受けます。

そのため、総量規制に基づかなければならず、年収の3分の1を超える借り入れは認められません。一方、銀行などの金融機関では総量規制が適用されないため、独自の審査基準でキャッシングの可否が判断されています。

オススメの優良消費者金融教えます

急な出費が重なった時や多額のお金が必要となった時などに便利なのが消費者金融からお金を借りるという方法です。

最近は、申し込みから実際に融資を受けるまでの時間が短くなっており、必要な時にすぐに利用することが出来ますし、お金を借りてから一定の期間内に返済することで利息が一切掛からないという場合もあります。

自身の口座からお金を引き出すよりも場合よってはお得になるというケースもあるようです。非常に便利ではありますが、注意し無くてはならないこともあります。

それは、手軽に利用することが出来るが故に、お金を借りているという感覚が麻痺してしまうということです。それによって、必要以上に借りてしまったり、返済が出来なくなってしまう、借りたお金を返済するために他の業者からお金を借りるというケースも有ります。

大切なことは、必要以上に借りない、返済計画をしっかりと立てるということです。さらに、契約時の書類などはしっかりと読み、理解するようにしましょう。もし分からないことなどがあれば、その都度確認するようにすることが重要です。

利用する業者を選ぶという場合には、貸金業協会に登録している業者であることを確認するようにしましょう。